消極財産(マイナス財産)とは

消極財産とは被相続人の債務、借金や第3者の借入金の保証人、買掛金などです。被相続人が死亡後マイナス財産も相続の対象となるので債権債務を調査する必要がありマイナス財産が多い時は放棄する事もできます。単純承認してしまうとプラス財産もマイナス財産も継承しなければならなくなります。調査をして明らかに積極財産が多い時は単純承認すればよいですが借金の方が多い時には相続開始より3か月以内に家庭裁判所に申述書を提出すれば放棄する事ができます。プラス財産かマイナス財産かどちらが多いか不明の時には限定承認という方法があります。相続開始後3か月以内に共同相続人全員で家庭裁判所に申述書を提出し手続きする事ができます。これはプラス財産の中でマイナス財産も相続するという意思表示です。限定承認は相続人全員でしなければならず相続人の中で単純承認する人がいればできなくなります。家庭裁判所に申述書を提出してから相続人全員にさまざまな義務と事務処理が課せられるむずかしい手続きです。相続放棄も限定承認も相続開始後3か月以内に手続きをしないと単純承認とみなされプラス財産もマイナス財産も相続したものすべてを継承しなければならなくなるので期限に注意する必要があります。

Filed under: 未分類 — ぶんぶん 6:38 AM