積極財産(プラス財産)とは

相続と一口に言うと、土地や建物、また、預貯金などをイメージする人が多いと思います。
勿論、それらの財産も相続の対象となる事に間違いはないのですが、意識されない財産も、色々と存在する事は忘れてはいけません。
相続の対象となる財産には、大きく分けて2種類のものが有り、簡単な言い方をすれば、金銭的な価値を有する、いわゆる資産と呼ばれるものと、いわゆる負債と呼ばれる借金とが有るのです。
資産とは、現金、預貯金、土地、建物に始まり、各種の権利や貴金属、そして有価証券など現金に換金する事の可能なもの、そして、負債とは、借金などの債務を指し、資産額から債務額を差し引いたものが相続財産の総額として、相続税の計算基準となり、相続の完了をもって相続人に課税される事となります。
これらの、資産と債務を専門的な言葉で表現した場合、前者を積極財産と呼び、多くの人がイメージする相続財産、また、後者を消極財産と言い相続する財産の資産価値を下げるものと考えられます。
誰しも価値の有る資産は相続する事を希望するものでしょうが、資産だけを相続する事は認められず、資産を相続しようとした場合は、必ず負債も併せて相続する義務を負うのです。

Filed under: 未分類 — ぶんぶん 6:38 AM