法定相続分について

相続人になれる人の範囲は法律で決まっていて、決められた相続人を「法定相続人」といいます。また、遺言に各相続人の相続分や遺産分割の方法の指定がない場合は、民法による相続分の定め「法定相続分」に従い遺産分割を行います。相続分の割り合いは、相続人がだれかによって異なります。
故人に配偶者と子(直系卑属)がいる場合は、それぞれが遺産の2分の1を相続します。子が複数のときは2分の1を頭数で等分(日摘出子は摘出子の2分の1)します。配偶者が離婚や死亡のためいない場合は、子が全遺産を等分して相続することになり、子が死亡していて孫がいる場合は、孫が権利を引き継ぎます。
故人に子や孫がいない場合は、配偶者と故人の直系尊属である父母、父母がいなければ祖父母が遺産を分配します。相続分は配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1です。配偶者がいなければ直系尊属が全遺産を相続します。
故人に直系卑属も直系尊属もいない場合は、故人の兄弟姉妹が配偶者と遺産を分配します。相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を頭数で等分します。半血兄弟姉妹は同じ父母から生まれた兄弟姉妹の2分の1となります。配偶者がいなければ、兄弟姉妹が全遺産を相続します。

Filed under: 未分類 — ぶんぶん 6:39 AM